タイでの男性から女性への性転換

タイでの男性から女性への性転換は、男性として生まれたけれども、自分は女性だと感じている方への治療法です。こうした症状は、非常に辛く日常生活に影響を与えかねないものですが、現代の医療技術の発達によってこの症状へのアプローチが可能になってきています。

内容

タイでの男性から女性への性転換手術は、体は男性だけれども女性として生きていきたいと望む人の人生を変える治療法です。胸整形手術、のど仏縮小術、顎縮小術骨格整形、鼻整形、眉リフト、頬拡大手術、変声手術等によって女性への転換を行います。

手術にはどのくらい時間がかかる?

手術には4から8時間かかります。

性転換手術はどのような人に適している?

身体的に健康な20歳以上の方で性転換の必要性を感じており、且つ下記の3つの条件を満たせば治療を受けることができます。過去一年間に精神科医によるカウンセリング、ホルモンセラピーを受け、女性として日常生活を送ったとう条件を満たさなければなりません。患者が完全に性転換に対する準備ができていると判断されれば治療が進められます。

手術はどのようにして行われる?

尿道と直腸にメスをいれ、骨盤の筋肉の一部を切断し人工的な膣を形成します。次にペニスを分割し、尿道を新しく形成した膣部分に配置します。 陰嚢と亀頭の皮膚は大陰唇、小陰唇の形成に使用されます。その後、ペニスを反転し10から15センチ程度の膣を形成する手術を行います。ペニスが小さい場合は、陰嚢の皮膚を使用して膣の深さを調整します。亀頭の皮膚を使用してクリトリスを形成し、尿道の上に配置します。

タイでの男性から女性への性転換で得られるものは?

この治療によって、外陰、バギナ、大陰唇、小陰唇を手に入れることができ、これらの性器は見た目だけでなく、その機能も果たします。尿道は短く切断され、排尿が行えるように再配置されます。男性性器の組織は全て除去され、性的刺激を受けた際の尿道の緊縮を防ぎます。適度の膣の深さも手に入れることができ、傷跡も最小限に抑えられるようになっています。

タイでの男性から女性への性転換に伴うリスク、副作用は?

出血、あざ、感染症、壊死、膣ろう管、膣内部での発毛、傷口の回復の遅れ、傷口の肥大化の可能性があります。

患者は何日間入院しなければならない?

手術後16日間は入院する必要があります。

キズが残ることはある?

手術直後は傷口が目立ち、赤い斑点が見えることがありますが、時間が経てば薄れていきます。

どのような麻酔を使用する?

全身麻酔又は硬膜外麻酔を使用します。

Before & After

Nights in Hospital: 14
Duration of operation is about 6-8 hours and you need to stay in Thailand for at least 21 days.

Get a personalized quote for free

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。