タイでの男性向けバスト縮小術

バスト縮小術は女性への治療と考えられがちですが、これまで多くのの男性もタイでのバスト縮小術を受けています。遺伝的要素、食事習慣によって胸が必要以上に発達したり、胸部に余分な脂肪がついてしまうことがあります。これは、男性の自信に影響を与えかねない症状で、時には気分の落ち込み、体型のバランスの崩れ、社会生活からの疎外に繋がる恐れもあります。

医学専門用語では、男性の胸が肥大化する症状を女性化乳房症と呼び、この症状に悩んでいる男性は多数いるのが現状です。症状に適した治療を行うために、医師による診断が必要です。医師のアドバイスによって、症状改善のための最善の治療法を検討します。乳房付近の皮膚のたるみや脂肪が気になる人もしれば、乳房の膨らみに悩んでいる人もいるでしょう。どちらの場合でも、体型、縮小する度合いに応じて医師が詳しく説明します。

マイクロカニューレ(排管)による脂肪吸引はこの症状の治療に非常に効果的です。マイクロカニューレ(排管)脂肪吸引では、直径3ミリ以下の極細の管を使用して胸部の組織を吸引します。治療方法に応じて、胸の自然なしわに沿ってメスをいれたり、乳房の周りから乳房中央に向かってにメスを入れます。この方法は通常、ロリーポップ又はショートスカー法と呼ばれます。

メスを入れる範囲は大変小さいので傷口は最小限におさえられ、短期間で回復します。カニューレによって脂肪組織にトンネルのような穴を作りそこから脂肪を吸引します。カニューレを取り出すと、トンネルの穴が無くなり、脂肪が最小限の量まで減ります。場合によっては、たるんだ皮膚を引き締めるためにバストリフトが必要なことがあります。脂肪吸引のあと、余分な皮膚を取り除き皮膚を再配置したら慎重に縫合します。

胸の全体のバランスから考えて、乳房が大き過ぎるという悩みを抱えている男性には乳房の大きさを縮小する手術がお勧めです。乳輪又は乳房の周りの皮膚色の濃い部分の形、大きさを整えることができます。この治療は、特に乳房の膨らみが気になる人に適しています。余分な皮膚、脂肪を除去し乳房を再配置します。傷口は痕最小限になるように縫合され、胸部のバランスが見違えるように良くなります。

全ての手術と同様に、手術痕の程度は治療法、人によって異なります。メスの入れ方、体の治癒力、肌の質、色、生活習慣、食事習慣、その他喫煙、アルコールの摂取等に応じて、傷口の回復具合は違ってきます。医師からの術後のケアに関するアドバイスに従い、包帯で患部を保護していれば、傷跡は最小限に抑えられ、タイでの男性向けバスト縮小術の威力を実感して頂けるはずです。

Before & After

Nights in Hospital: 1-2
Duration of operation is about 4-6 hours and you need to stay in Thailand for atleast 12 days.

Get a personalized quote for free

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。