Lタイでの脂肪吸引

どんな洋服も、肌を思いっきり露出したビキニも着こなせるパーフェクトな体型は世の誰もが望んでやまないものです。体型にはエクササイズや食事が大きな影響を与えるのはもちろんですが、セルライトや太もも、腕、腹部、ヒップについた遺伝的な脂肪は、それだけではどうしようもなりません。ビキニが似合う体を手に入れたいという人にはタイでの脂肪吸引は、まさに理想的な手段です。

内容

脂肪吸引は体の気になる部分の脂肪やセルライトを除去する治療方法で、余分な脂肪が蓄えられている部位に効果的です。太もものでこぼこを滑らかにしたり、腹部やヒップの形を整えたり、腕や腰を引き締めるのに効果的で、二重あごの改善にも使用できます。

タイでの脂肪吸引はどのような人に適している?

脂肪吸引は、体の気になる部分の脂肪を除去したいと考えている人にオススメです。脂肪吸引は、余分な脂肪を取り除くだけでなく、体型を整えるのにも効果的です。

脂肪吸引はどのように行われる?

脂肪を取り除きたい箇所に小さくメスを入れ、カニューレ(排管)を挿入します。カニューレとは脂肪を吸引する強力な装置と繋がれた細い管です。カニューレは皮膚と筋肉の間の脂肪の蓄えられている部分に挿入されます。この余分な脂肪はパワルフな吸引装置を使って取り除かれ、引き締まってよりバランスのとれた体型を手に入れることができるのです。

脂肪吸引から得られるものは?

よりスリムで引き締まったからだを手に入れることができ、自信アップにも繋がります。

脂肪吸引に伴うリスクや副作用は?

一度に大量の脂肪を取り除くと、毒素が発生したり、肌がでこぼこになる場合があります。吐き気、激痛、あざ、腫れ、傷口の治りの遅さ、肌の健康状態の不具合、気分の落ち込み、血餅、腹部の各臓器への損傷等の影響もあります。

患者は何日間入院しなければならない?

術後1から3時間病院に滞在し、その後退院することができるので、通常入院の必要はありません。

脂肪吸引の後にキズが残ることはある?

カニューレを挿入するのに入れられるキズは非常に小さいので傷口が目立つことはありません。

どのような麻酔を使用する?

局部麻酔又は全身麻酔を使用するかは、術前に医師によって判断されます。

よくある質問:
どのくらいで通常の生活に戻れますか?

内勤の事務職等の場合は、術後2日程度で職場復帰が可能ですが、患者によって回復期間は異なり、傷口の痛みが長い間続くという人もいます。

脂肪吸引の効果はどのくらい持続しますか?

目に余るような程度に体重が増えない限り、脂肪吸引の効果は長期間持続します。体重が増えすぎると、脂肪細胞の再肥大化に繋がります。

Before & After

Nights in Hospital: 1
Duration of operation is about 2-3 hours and you need to stay in Thailand for at least 9 days.

Get a personalized quote for free

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。