タイでの女性から男性への性転換

女性として生まれたけれども自分は男性だと思っている人の中には、性転換手術を強く希望している人もいるはずです。タイでの女性から男性への性転換手術は、このような方にオススメの治療法で、治療の際の患者への丁寧なケアも保障されています。

内容

タイでの女性から男性への性転換手術では、卵巣と子宮の摘出、男性の外性器の形成を行います。尿道は伸長され、膣を閉鎖した後に陰茎形成を行い、男性の性器を形成します。

タイでの女性から男性への性転換手術はどのような人に適している?

性同一性障害に悩む、身体的に健康な20歳以上の方は治療の対象となります。手術の前提条件として、術前1年間のホルモンセラピー、精神科医によるカウンセリングを受け、男性として日常生活を送る必要があります。

手術はどのように行われる?

この治療は、数段かいに分けて行われます。まず、乳房切除を行い、全ての胸の組織を取り除き男性らしい胸部を形成します。この手術には約2時間程度かかり、術後6日間入院が必要です。

卵巣及び至急の摘出によって月経をストップさせます。この手術は上記の胸の形成手術と組み合わせて行うことが可能です。術後3ヶ月経ったら、傷口の経過を見て次の段階へ進みます。

次に、膣閉鎖、尿道の伸長を行います。この治療には約1週間の入院が必要です、膣を閉鎖し尿道を伸長した後、膣の壁を外側に広げて全面から排尿が可能になるようにします。術後2日間入院し2週間の経過観察後、最終段階の陰茎形成に進みます。

皮膚組織を切り取り陰茎形成に使用します。顕微手術によって皮膚、神経、血管を移植し、傷口が回復するまでの間に尿が漏れることのないようにカテーテルを挿入します。術後は2日間の入院が必要になります。尿道を形成するためにカテーテルを挿入したままにし、次の治療に移るまでの3ヶ月間定期的に医師の診断を受けます。

最終段階は、実際のペニスの形成です。 顕微手術で全ての血管、神経をつなげ男性の外性器を形成します。通常8から12センチ程度のペニスを形成します。陰唇の皮膚と脂肪組織から陰嚢を形成しますが、睾丸はありません。
各段階に分けて治療を行うので、大半の患者は術後比較的早く回復します。術後は、 見た目に通常のペニスと変わりなく、排尿も可能な完全に機能するペニスを手に入れることができます。

術後のケア

手術から2週間後に抜糸を行います。術後2ヶ月間は、性行為を避けて下さい。その他術後の経過については医師から詳しい説明があります。

Before & After

Nights in Hospital: 14
Duration of operation is about 6-8 hours and you need to stay in Thailand for at least 21 days.

Get a personalized quote for free

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。